使用していない高架水槽は撤去しましょう!|大阪・京都・兵庫の収益物件なら小原不動産コンサルティングオフィス

賃貸経営相談所

使用していない高架水槽は撤去しましょう!

2018-12-12

古いビルやマンション等では、各戸へ水道に送る方式として、配水管から送られてきた水を受水槽に貯水した後、さらに揚水ポンプで高架水槽へ汲み上げて、各戸へ供給する 高架水槽方式がとられています。

しかし、水槽の清掃や水質検査等の保守管理維持費が発生します。

そこで、少しでも維持費を削減する為に、
排水管から直接に各戸へ供給する直結給水方式に切り替える事が可能です。

ただ、直結給水方式に切り替える際に、受水槽・高架水槽・架台の撤去費用や、架台を取り外した後の補修・防水費用が高額になるので、配管だけを接続して、受水槽・高架水槽を残したままにしている物件が多くありますが、このような使用されていない高架水槽には注意が必要です。

高架水槽はビルやマンションの屋上に設置されていますが、一般的には建物を風が吹きこす場合には、屋上付近が最も強くなります。高架水槽内に水が溜まっている場合には強風時でも影響はありませんが、高架水槽を使用していない場合には、強風時に高架水槽が落下し、大きな事故となる可能性があります。


建物の工作物に問題があった事で、他人に損害を与えた場合には、所有者は無過失責任を負いますので、使用されていない高架水槽があれば撤去をする方が賢明です。
 

ホームページに投資マンションの情報をたくさん掲載していきますので、会員登録をお願いします!

会員登録

賃貸マンションの管理:https://oharahudousan.info/
収益不動産の売買:http://www.oharahudousan.com/
住宅ローンに困ったときのあなたの街の相談窓口:ホームぺージ製作中
知的障がい・発達障がい児の住宅相談センター:https://syougaiji.life/
知的障がい・発達障がいのある子ども達のフットサルコミュニティ:http://syougaiji.club/


 
テーマ名建物管理
ページ作成日2018-12-12