タイルの浴室は目地の劣化に注意!|大阪・京都・兵庫の収益物件なら小原不動産コンサルティングオフィス

賃貸経営相談所

タイルの浴室は目地の劣化に注意!

2019-01-31

最近の建物は浴室はユニットバスとなっていますが、古い建物では、壁や床がタイルになっているものが多くありますね。
このような浴室で注意する事は目地の劣化です。
目地が劣化していると、シャワーの水が隙間から、建物に浸水していきます。
マンションであれば下階へ漏水しトラブルとなります。劣化が原因では保険対応もできません。
戸建であっても、建物の床下に浸水して建物を弱らせます。
空室時には必ず目地のチェックをして、劣化があれば補修をしていきましょう!
(長期入居の場合も何かのタイミングで室内に入れる時には、チェックしておいた方が良いです)



ホームページに投資マンションの情報をたくさん掲載していきますので、会員登録をお願いします!

会員登録

賃貸マンションの管理:https://oharahudousan.info/
収益不動産の売買:http://www.oharahudousan.com/
住宅ローンに困ったときのあなたの街の相談窓口:ホームぺージ製作中
知的障がい・発達障がい児の住宅相談センター:https://syougaiji.life/
知的障がい・発達障がいのある子ども達のフットサルコミュニティ:http://syougaiji.club/

テーマ名建物管理
ページ作成日2019-01-31